TESOL英語講師・日本語講師養成オンラインコース内容

オンラインコース・カリキュラムへ→

「TESOL英語講師・日本語講師養成オンラインコース」では、実用的、かつ脳の仕組みに基づく40の「言語教授法」が紹介されます

授業では、まずコットン博士が教授法の背後にある原理や、脳のどの部分が活性されるかなどを簡単に説明します。
次いで、受講者は学んだばかりの教授法を練習します。

セミナーを受講するなら……。

  • 30人の生徒を前にした2時間の授業で、何をしたらよいのかがはっきりと分かるようになる。
  • どのように生徒の興味を保たせ、目覚めた状態で学習させられるかが理解できるようになる。
  • どのように教え方を生徒個人個人の必要やスタイルに合わせられるかを知ることができる。
  • 生徒の言語学習を加速させることができる。

セミナー中に学べること。

  • 英語/日本語を教える上でユーモアが果たす大きな役割
  • 英語/日本語の読解、発音、文法、アクセントを「加速的に」改善する方法
  • オーディオ・リンガルメソッド(ジョン・ラシアスによる、一人の生徒から一時間で100の反応を引き出す方法)
  • ビジュアル・リンガルメソッド-視覚野への刺激が、なぜ、どのように発話と記憶を高めるか
  • ミュージカル・ディクテーションがどのように言語学習を促すか
  • どのようにクラスの参加意欲や進歩を助けられるか
  • コミュニカティブ・アプローチとコミュニティ・ランゲージラーニングを用いた新たな方法
  • どのように効果的に学習できるように脳を活性化できるか

さらに学べること。どのように……。

  • すぐに仕事を始められるか。
  • 簡単に仕事ができ、楽しめるのか!
  • より少ないストレスで教え、訓練できるか。
  • やる気と新鮮なアイデアが途切れないか。
  • 生徒に死んだような印象を与えないか。
  • 他幾十もの実際的なアイデア!

オンラインコース・カリキュラム

SECTION 1 Welcome to the Course はじめに (分:秒)
Unit 1 Instructor Introduction はじめに 0:44
Unit 2 A Brief History of English 英語の歴史 3:48
Unit 3 Basis in Neuro Science 脳神経科学の基礎 0:49
SECTION 2 TESOL Methods 言語教授法
Module 1 Don't talk too much 話し過ぎない 2:29
Module 2 Communicative Approach コミュニカティブ・アプローチ 26:28
Module 3 Phonemes 音素 5:55
Module 4* Flashcards フラッシュカード 5:33
Module 5* Pimsleur Method ピンズラー 4:01
Module 6* Movement 歩かせる 5:12
Module 7* Edu-Exercise1: Baloons エクササイズ学習1風船 7:27
Module 8* Personal Phrase Book パーソナル会話集 2:33
Module 9 Word Frequency 頻出単語アプローチ 6:37
Module 10 Bilingual Exercise バイリンガル演習 2:54
Module 11 Review 1 復習1-10
Module 12* Audio-Lingual Method オーディオ・リンガル・メソッド 20:45
Module 13* Timing 授業の長さ 3:36
Module 14* Tactile Approach タクタイル・アプローチ 2:01
Module 15* Idea Mapping アイデア・マップ 0:57
Exercise テキスト演習
Module 16* Edu-Exercise2: Juggling エクササイズ学習2ジャグリング 7:42
Module 17 Word Association 連想記憶術 3:02
Module 18* Walkabout ウォーク・アバウト(放浪の旅) 2:36
Module 19* Total Physical Response トータル・フィジカル・レスポンス 29:34
Exercise テキスト演習
Module 20* Precis プレーシー 1:18
Exercise テキスト演習
Module 21 Color Inspiration カラー・ワールド 20:37
Exercise テキスト演習
Module 22 Review 2 復習12-21
Module 23 Classical Dictation ディクテーション 1:42
Module 24 Inject Humor ユーモア 8:34
Module 25* Good News / Bad News 良いニュース・悪いニュース 2:32
Exercise テキスト演習
Module 26 Using Video ビデオの活用 4:26
Module 27 Community Language Learning コミュニティ・ランゲージ・ラーニング 16:30
Module 28 Unversal Language Generator ユニバーサル・ランゲージ・ジェネレータ 6:53
Module 29 Accelerated Reading スピード・リーディング 5:20
Module 30* Chaos Theory カオス理論 5:40
Exercise テキスト演習
Module 31 Comprehension Tests 理解力テスト 15:36
Module 32 Dual Text Translation 二言語併記翻訳 3:00
Module 33 Review 3 復習23-32
Module 34* Creative Genius クリエィティブ・ジーニアス 2:53
Exercise テキスト演習
Module 35* Dynamic Dialogues ダイナミック・アイアログ 21:42
Module 36* Edu-Exercise 3: Gym Instructions エクササイズ学習3ジム・インストラクタ 9:18
Exercise テキスト演習
Module 37 Massive Muscle Memory マッスル・メモリー 11:38
Exercise テキスト演習
Module 38* Power of Music 音楽の力 14:12
Module 39 Using Songs 歌を覚える 6:49
Module 40 Repeating Rhythms リズムの繰り返し 2:36
Module 41 Paraphrase パラフレーズ 1:34
Exercise テキスト演習
Module 42 Grammar Tenses 文法ー時制 1:54
Module 43 Idioms 慣用句 2:00
Module 44 Reivew 4 復習34-43
SECTION 3 Working as a Language Teacher 就職活動
Unit 1 Job Interviews 仕事の面接 6:39
Unit 2 Evaluating Students 生徒の評価 0:44
Unit 3 Dealing with Homework 宿題の出し方 3:04
Unit 4 Teaching Online オンラインで教える 2:39
Unit 5 Starting Your Own Classes 自分の教室を開く 3:43
Unit 6 Homestays ホームステイ 2:45
SECTION 4 Course Conclusion 終わりに
Unit 1 Be Dynamic ダイナミックになろう 1:41
Unit 2 Harry's Closing Comment 終わりに 1:04
(日本語講師養成コース重点科目)

● 学習修了までの時間は、人によって異なりますが、通常1週間から2週間で学習し終えることができます。もちろん、その後、学んだメソッドを習得するまで各自練習を続けていく必要があります。(ビデオは、最長4ヶ月繰り返し視聴が可能です。)